常滑前島港の行き方・アクセス方法を解説します|釣果報告あり

知多半島の釣り場で「常滑前島港」ってところがあるらしいけど、行き方がよくわかんない。
誰か教えてー!

常滑前島港までの車道は途中で閉鎖されていて、ちょっとアクセスが複雑&遠めです。

わたしが実際に行って釣りしてきたので、釣果とあわせて解説します。

前島港での釣りは自己責任おおめです。(初心者非推奨)
本記事の内容は非公式な方法なので、実施する場合は自己責任でお願いします。
前島港で釣りすること自体は問題ないです。

常滑前島港の場所

常滑前島釣り場は常滑りんくう護岸の南側にあります。
が、立入禁止エリア(船着き場)があるので、りんくう護岸からのアクセスは徒歩で25分ほどかかります。

ところでじつはGoogle地図が正しくなくて、実態は下図のとおりです。

トイレやコンビニ、自動販売機は近くにありません。

常滑前島までの行き方・アクセス方法①

①の方法では徒歩で20分かかります。

一番お悩みの「どうやって行くか=アクセス方法」ですが、まず車を常滑港の邪魔にならないところに駐車します。
そこから上の地図のとおりに歩いて行けます。

★印のところはショートカットになってて、結構な段差があります。
段差というか、何かの設備の上を無理やり移動する感じです。
子供1人では危ないので、大人と行きましょう。

往復でかなりの長距離徒歩になるので、荷物は少なめにするorキャリーカートが必須です。

常滑前島までの行き方・アクセス方法②

続いての方法ですが、①の駐車場から折り畳み自転車で移動する方法です。

これならスイスイ6分もこげば、前島港の先端まで到着しますので超楽ちんです。
わたしは毎度この方法でアクセスしています。

新舞子マリンパークも全長740mなので折りたたみ自転車持っていくことが多いです。
アウトドアでも使えるし普段づかいもできるので、保管スペースがあればおすすめです。

路駐は要注意

地図の赤マーカー部分に駐車してるのを見かけますが、わたしはオススメしません。

たしかに距離が短くなるのですが、このあたりパトカー回ってくるんです。。
停めるかは自己判断で。。

常滑前島の様子(写真)

写真を載せておきます、すべて上図の黒線(堤防)から撮りました。
アクセスがよくない場所にも関わらず、多くの釣り人がいました。

前島は足場が平で安全&釣りできるスペースが広いため、なかなかよい釣り場です。

常滑前島の釣果|2020年9月

9月下旬にしては残念レベルの貧果で、朝まずめが10分で終わってしまいました。

とっぴー

秋ならピークが1時間くらい続いてくれるのになぁ。
今年は海水温が高めなので、もう少ししたら海も秋になるのかな?

泳がせ釣りは不発

釣れたアジを泳がせ釣りしたものの、1.5時間経っても元気なままでした。
試しに湾内側に変更してみたら、しゃぶしゃぶされてハリにのりませんでした。

サビキでアジが追加できればよかったのですが、日が出てからはゼンメばかり。。

なので作戦変更。
ちょい投げでハゼを釣って、泳がせ(底物狙い)にしました。

が反応なく帰り際に巻き上げようとしたところ、、、なんか重いっ!

慌ててフッキングをしたらフワッと軽くなりました。

ちーん。。

見事に頭だけ残って帰ってきました、たぶんマゴチだと思います、残念。

とっぴー

釣れなくてもこういうのがあると、やめられなくなるのが釣りの醍醐味ですね。

まとめ:駐車場とアクセスは自己責任です

以上、常滑前島のアクセス解説と釣果報告でした。

釣り場としては優秀ですが、いろいろとトラブルも起きそうな場所です。
くれぐれも違法路駐や立ち入り禁止への侵入はやめて、楽しく釣りしてくださいね。

最後にあらためて、徒歩でアクセスするならキャリーカート必須レベルです。

あわせて読みたい

失敗しない釣り道具

【知らないと損!?】失敗しないオススメ釣り道具20選|知多半島海釣り

わたしの数々の失敗経験をもとに、買って長く使える釣り道具をご紹介しています。

一挙大公開!知多半島のおすすめ釣りスポット35選【2020年|愛知県】

知多半島の釣り場を35ヶ所紹介しています。

シェアしてね!


3年で15万円浮いた!
最強節約術は格安SIMマイネオへの乗り換えです



お金がない…でもコロナで給与を上がる見込みは皆無。。そんな人は支出を見直しましょう。支出はわりと簡単に減らせます。とくにdocomo/au/softbankの方は格安SIMに乗り換えがオススメです。私は3年で15万円超減らせました。

コメントを残す

CAPTCHA


ブログ管理人:とっぴー

とっぴー顔

【 地元で生きていく 】東京で10年暮らした出戻り人が『知多半島をより良くする』ためにはじめたブログです。SNSでは記事更新や知多半島のお得なイベント情報をお届けしています。

Twitter:こちら

Instagram:こちら