冬の知多半島で簡単に釣る方法【初心者向けに解説します】

知多半島冬の釣り攻略

冬に釣りを初めてみたいけど、冬って釣れないの?
寒いのに一匹も釣れなかったら最悪だし、なんとかならないの?


釣れない釣りって、なにも面白くないですよね。

知多半島の冬(12月~2月)は「死の海」と呼ばれる程、釣れない時期と言われています。
が、「釣れない」は誤解です。

正しくは、(ベストな釣り方と釣り場所、時間帯を知らずにやるので)釣れないです。


つまり、最適な方法を理解してその通りに実行すれば、初心者でも1匹を釣るのは難しくありません。
本記事では、3シーズン(2016年冬~2019年冬)の自身の釣行による経験をもとに、その方法を初心者にも出来るようにまとめました。

もちろん自然相手なので100%ではありませんが、かなり高い確率で釣れます。

魚がかかった時のドキドキ感、釣れたときの達成感、自分で捌いて食べた時の充実感。

ぜひこの記事を読み理解頂き、冬の知多半島での釣りを味わってください!

この記事のポイント
前半:冬の知多半島で簡単に釣るための方法①仕掛けやエサの解説
後半:冬の知多半島で簡単に釣るための方法②釣れる場所と時間の紹介

冬の知多半島で簡単に釣る方法①【穴釣りすれば釣れる】

「穴釣り(あなづり)」とはなんぞやと思いますので、簡単に解説していきます。

穴釣りの概要

穴釣りとは釣り専門用語で、釣り方のひとつです。

具体的には、テトラポットや岩の隙間(穴)に仕掛けを入れて、中にいる魚を狙う釣り方です。
※今回ご紹介する釣り場は、穴は狙いますがテトラポットには乗ることは一切ありません。
狙うのは、「海底の岩場の隙間(穴)」です。

魚は岩場や海藻の影に隠れる習性があり、その隠れた先にエサを投下し、釣り上げる方法が穴釣りです。

他の釣りとは以下点が初心者に優しく、かつ面白い釣り方です。
初心者の方には、「夏のサビキ釣り、冬の穴釣り」をおすすめします。

  • 仕掛けがシンプルで、初心者でも低予算で楽しめる
  • 冬時期の他の釣り方に比べて、釣れる確率が高い
  • 仕掛けを投げる必要がない(下に落とすだけ)

釣りプロの秦拓馬さんもおすすめしている釣法です(上動画)

穴釣りのコツ

釣れるコツは3つあります。それぞれ解説していきます。

①なるべく深いところに投下する

後述する釣り場の海底は、凸凹(でこぼこ)しています。
その凹んだ場所=穴=深い場所に魚がいますので、なるべく深くまで仕掛けを落とせる穴を探しましょう。
目視では深いかどうか確認するのは厳しいので、釣糸がたくさん出ていくかどうかで見極めると良いです。

②仕掛けを底から5cm離す

穴釣りはブラクリという仕掛け(後述)を使いますが、ブラクリが海底についたら海底から5cm離しましょう。
具体的には底についたら、少し糸を巻きます。
魚が食べやすい位置にエサが配置され、釣れる確率が上がります。

③5秒待つ→アピール→5秒待つ

5cm程離した後は5~10秒程ジッと竿を止めて待ちましょう。

それでもアタリ(魚が食べて糸を引っ張る感覚)がなければ、竿をチョンチョンと動かして魚にエサをアピールしましょう。
アピール後また5~10秒位止めて、アタリがなければ釣糸を巻いて次の穴に投下すればOKです。
エサは新鮮な方が釣れるので、ボロボロになったら交換しましょう。

そもそもアタリが分からないのでは?という方へ
ご安心ください。
穴釣りのアタリはかなり明確で、竿が曲がりビクビクします。
アタったら、急いで巻き上げれば釣れます。

穴釣りで釣れる魚

穴釣りで釣れる魚

穴釣りは根魚(ねざかな)と呼ばれるグループの魚がよく釣れます。
具体的に知多半島では、「カサゴ」「メバル」「クロソイ」「アイナメ」「クジメ」が代表的です。
他にも「高級魚のキジハタ」は、運が良ければ釣れる時があります。

これらの魚の習性をまとめてみました。
読んで頂くと気づくかもしれませんが、根魚には穴釣りがとても適しています。

  • 海底付近にいる事が多い
  • テトラポットや岩場の隙間を好む
  • 海底がゴツゴツしている場所も好む
  • アジやサバ等の元気よく泳ぎ回る魚と異なり、普段はジッとしている
  • 同じ場所に居着く事が多い
  • 同じ場所に複数匹まとまっている事が多い
  • アジやサバ等に比べて成長は遅い
  • 煮付けや味噌汁にすると美味しい


ここまでで習性を利用した穴釣りの概要を解説しました。
続いては実際の釣り仕掛けを解説していきます。

穴釣りの仕掛け

穴釣りの仕掛けは、シンプルな仕掛けです。
それぞれパーツ毎に解説します。

短い釣竿(2.5m以下)

足元の海底の穴に仕掛けを投下するので、長さが2.5m以下の釣竿が使いやすいです。
既に他に長竿を持っているよという方は、穴釣り専用の1~2mの竿をおすすめします。


逆に竿を買うのは初めてで、サビキとかチョイ投げとかもやりたいという方には、超おすすめをひとつご紹介します。

  1. いわゆる万能竿のひとつで、穴釣り/チョイ投げ/サビキ/ウキといった初心者~中級者に定番の釣りも余裕
  2. コンパクトで持ち運びが楽 ※これ重要です。
  3. 頑丈 ※私は前モデルを3年半ほど愛用中で現役です。


ちなみに20-240Tの意味
・20=竿のしなりの強さで2号と同等です。知多半島なら何も考えず2~3号でOKです。
・240=竿の長さ(2.4m)です。

私の知多半島釣り歴20年超の経験から結論ですが、知多半島の釣りなら初心者はこのコンパクトロッド1本で、ぶっちゃけOKです。

リール(糸巻き)はなんでも可

穴釣りにおけるリールは、正直なんでも良いです。
ただ、何でも良いというと初心者の方は迷ってしまうので、最低基準を挙げておきます。
既にリールを持っている方は、お手持ちのものでOKです。
最低基準:

  • 釣糸があらかじめ巻いてあるもの(糸を選ぶのも巻くのも面倒)
  • 釣糸がPEライン(※)以外であること(ナイロンかフロロカーボンを選択)
  • 他の釣りと併用できるもの


以上から、お手頃価格では私も使っているシマノのFXを買いましょう。
※これより安いリールは品質が悪くコスパ悪いので辞めたほうが無難です。

仕掛けはブラクリ

仕掛けはブラクリという釣針付きオモリを使います。
こんな感じのやつです。

知多半島なら、3号×3本のセットを3個程買いましょう。
理由は穴釣りでは隙間を狙うので、どうしても岩に引っかかり糸が切れて失います。
釣り用語で「根がかり」と言います。
そのため、ブラクリは予備をある程度持っていく必要があります。

以上で仕掛けは終了です。
【釣竿】と【糸付きリール】と【ブラクリ】の3点のみのシンプルな仕掛けです。

ちなみに糸の結び方は、色々難しい結び方を解説しているブログやYou Tubeが多いですが、穴釣りなら「固結び×2回」で十分です。

エサ(アオイソメは不要)

釣針につけるエサですが、アオイソメ(ミミズのようなやつ)は不要です。
釣りエサといえばアオイソメという位、定番でよく釣れます。
が、とにかく気持ち悪いので触りたくない方が多いと思います。

穴釣りでは他のエサで代用できますのでご安心ください。
それでは代用のエサ2種をご紹介します。

オキアミ(冷凍エビ)

※上のリンクは10個セットのため高価です。
 1回の釣りで1個で十分です。

アオイソメに代わるエサはオキアミ(冷凍された小エビ)です。
真空パックで冷蔵されていて、釣具屋で購入できます。
余ったら持ち帰り冷凍庫で保存すれば、次の釣りでも使えます。また、オキアミは簡単に釣針につけられます。
ちなみに上の通りネット購入もできますが、冷凍配送のため送料が高く非推奨です。

ワーム(疑似エサ)

パワーイソメ(ソフト)というアオイソメを真似た疑似エサです。
オキアミの方がよく釣れますが、こちらはネットで安く購入できるのが利点です。
また、釣針につけたら外れにくいので長く使えます。

他に必要な釣具や服装等

基本となる道具やエサは上述しましたが、他に最低限必要なものを挙げておきます。
全て100円ショップで購入可能です。
穴釣りは歩きながら釣りするので、荷物は身軽な方が良いです。
ただし、防寒対策は万全に!

身につけるもの
・ヘッドライト
・防寒具(ウィンドブレーカーが良い)
・ジップロック
・ハサミ
・使い捨てのタオル
・ゴミ袋
・ライフジャケット ※子供は必須、大人は自己責任
車に入れておくもの
・クーラーボックス(発泡スチロール性)orクーラーバッグ
・凍らせた保冷剤または氷
・ウェットシート(手を拭くため)

さて、以上で「釣り方」と「必要な道具」は全てご紹介しました。
後は「時」と「場所」を見極めて釣りに行くのみです。
結局のところ釣れるか否かは、「時」と「場所」が8割を左右する重要なファクターです。

冬の知多半島で簡単に釣る方法②【夕方に風裏ポイントで釣れる】

釣り

夕方はそのままの意味なので補足レベルで説明して、風裏ポイントについて主に解説します。

時間は「夕方」

魚にも食事タイムがあり、エサを食べやすい=釣りやすい時間があります。
具体的には朝と夕方ですが、初心者は夕方(16時半~18時)が最適です。
※これらのことを、釣り用語で朝マズメ、夕マズメといいます。

ではなぜ夕方かと言うと理由は2つあります。

  1. 明るい時間帯に釣り場に到着し、準備できる
  2. 朝より暖かい

明るい時間帯であれば、仕掛けの糸結びや釣り場の足元確認などが楽にできます。
特に穴釣りは2~3m単位で移動をこまめに繰り返すため、事前の足元チェックは必須です。
また、寒いと気力がかなり削られますので、朝より気温の高い夕方が釣りしやすいです。

ちなみに昼間は全く釣れないの?という疑問が残りますが、確率は低いです。
感覚レベルですが、1時間釣りして釣れる確率はこんな感じ。

朝:昼間:夕方 = 80% : 20% : 80%

風裏ポイント ※最重要

ここが本記事で最も重要なところです。
はじめに、なぜ風裏(風を背に受ける場所)でなければならないかを解説します。

理由は単純で、風が強すぎると釣りにならないからです。


やってみればわかりますが、風速4mまでが釣りを楽しめる限度です。
それ以上(風速5m↑)は冷たい風が吹き付け気力が削られますし、釣り竿が風に振り回されます。


では、具体的に常滑の2020年元旦の風速予報をご覧ください。

知多半島の冬の特徴として、冬は北西から非常に強い風が吹きます。
「伊吹おろし」とも呼ばれるこの風が非常に厄介で、冬時期は風裏となる場所での釣りが最良です。

では、具体的なポイントをご紹介します。

ポイント①武豊緑地公園(武豊町)

通称ファイザー前と呼ばれる釣り公園で、一番の推奨スポットです。


釣具屋はイシグロ半田店が近いです。
武豊緑地公園は駐車場が30台程停められ、トイレも併設された便利な釣り場です。

夏時期でも、サビキ仕掛けでサバやイワシが釣れます。(冬は全く釣れません)

さてここのポイントですが、東側の堤防です。
南北に200m程の柵付きの堤防があり、大型の建物が防風の役割を果たします。

具体的には、足元の壁スレスレ~2m以内の範囲で深いポイントを探ってブラクリを投下します。
壁スレスレに結構魚がいますので、壁から攻めると良いです。
それで釣れなければ、2~3m横に移動して足元から攻めるを繰り返します。
ちなみに、ここの釣果です(こちら

ポイント②横須賀埠頭(東海市)

東海市(伊勢湾側)ですが釣り場の北西に建物があるため、風裏ポイントの一つです。
駐車場はなく夕方は門が閉まるため、門の前付近の路肩に駐車します。
ここの堤防は柵がないので注意が必要です。

ポイントは、突き出した堤防の角の足元付近です。
Googleマップを見ても分かりますが堤防は凹凸状になっており、角の足元付近が岩礁となっています。
その岩の隙間に落とすと釣れます。
ちなみにここの釣果はこちら

注意点としては、大型のタンカーが停泊していた場合、絶対に近づかないことです。


ちなみにもちろん他にも釣れるポイントはありますが、以下理由のいずれか該当し除外しています。
・テトラポットに乗って釣りをする必要がある
・風裏ではない
・有名なポイントで人が多く、移動して釣りがし辛い

知多半島冬釣りのまとめ

長くなりましたが、釣るための要素を一つ一つ分解して解説しました。
この方法で釣りすることで、初心者であっても高確率で釣れます。

実際にほぼ初心者の友人も、一緒に行ってこの方法で釣っています。
シンプル故に地味な釣りと思われがちな穴釣りですが、釣り初心者には最適な方法なので、ぜひ試してみてください!

なんとか初級にはなったよ!という方へ

以下記事に知多半島の釣り場を35ヶ所とオススメの釣り道具をまとめているので、釣行予定に活用してください。

私の愛用している釣り道具の記事です。
初心者でも使えてコスパがよい道具や、100均で買えるおすすめグッズをご紹介しています。



最後まで読んで頂きありがとうございました!
もしこの記事が良かったと思ってくれたら、ブックマークやSNSでシェアしてくれると嬉しいです。(下のボタンからどうぞ)

「知多半島をより良く」できるよう、これからも良い情報をWEBに載っけていきます。

シェアしてね!


3年で15万円浮いた!
最強節約術は格安SIMマイネオへの乗り換えです



お金がない…でもコロナで給与を上がる見込みは皆無。。そんな人は支出を見直しましょう。支出はわりと簡単に減らせます。とくにdocomo/au/softbankの方は格安SIMに乗り換えがオススメです。私は3年で15万円超減らせました。

コメントを残す

CAPTCHA


ブログ管理人:とっぴー

とっぴー顔

【 地元で生きていく 】東京で10年暮らした出戻り人が『知多半島をより良くする』ためにはじめたブログです。SNSでは記事更新や知多半島のお得なイベント情報をお届けしています。

Twitter:こちら

Instagram:こちら