めぐみの湯|名古屋から好アクセス&充実施設【知多半島温泉シリーズ】

大府めぐみの湯の外観

お出かけの最後には、温泉で汗を流して帰りたいですよね。
知多半島道路(高速)の近くだと、知多半島中央にある「ごんぎつねの湯(訪問レポはこちら)」が有名です。

が、実はもう一つあります!

それが今回ご紹介する名古屋市のお隣、大府市にある「天然温泉 めぐみの湯」です。

ここは名古屋からもアクセスが良く、しかもそれ程混まない穴場スポットです。
地元民の私が実際に入って来ましたので、その内容をご紹介します。

また、周辺のスポットもあわせてお伝えします。

記事のポイント
前半:めぐみの湯の特徴
後半:めぐみの湯の訪問レポ
最後:周辺のスポット

大府めぐみの湯の特徴

名古屋から好アクセス

名古屋からめぐみの湯の地図

名古屋市の隣にある大府市にあります。

高速を使えば、名古屋の中心から車で約30分。

名古屋市内の入浴施設と比べて人も少なく、アクセスも便利な温泉です。

お風呂が充実

温泉にあったらいいな、と思うお風呂や設備が揃っています。
せっかく温泉に行っても、サウナがなかったり露天風呂が狭かったりすると残念な気持ちになりますよね。

でもめぐみの湯は、知多半島内ではトップレベルでお風呂の種類が多いです。
具体的には主にこんな感じで揃っていました。

  • 露天風呂(天然温泉)
  • 大浴場
  • 広めのサウナ
  • 水風呂
  • 日替わり温泉
  • 陶器風呂(常滑焼)
  • ヒーリングサウナ
  • 貸切風呂
  • 足湯(足湯のみ入る事も可能です)

旅疲れや普段たまった疲れを癒すにはもってこいです。
また、自律神経を整えるとされる「温冷交代浴」が知多半島で1番しやすい温泉施設だと思います。

併設施設が充実

まず温泉施設内には休憩スペースや食事処、マッサージサービスなどがあります。

また、同じ敷地内には地元の野菜や魚介の売り場があります。
それも単なる販売店ではなくて、JAあいちが直営するファーマーズマーケット「はなまる市」と、知多半島定番観光スポットで新鮮な魚介を販売する「魚太郎(うおたろう)」の支店です。
どちらも提携農家や南知多の漁港から仕入れた食材なので、新鮮でお得なものが多いです。

手ぶらでOK

レンタルタオルセット

タオルのレンタルセットがありますので、ふと思い立って行っても大丈夫です。

フェイスタオルのみ購入もありますが、レンタルならバスタオル+フェイスタオルで200円なのでお得です。
もちろん、タオル持参も大丈夫です。

とっぴー
私は車に1セット積んでおいて、持参しています。

さて、以上がめぐみの湯の特徴でした。
ここからは、めぐみの湯の概要と周辺スポットをご紹介します。

大府めぐみの湯の概要

場所と駐車場

知多半島道路(高速)の大府/東海ICから東へ約8分の所にあり、名古屋からアクセス良好です。
三河方面(豊明や刈谷)からなら、下道で行くのもありです。

駐車場はかなり広く540台も停められますので、満車になることはありません。

受付と利用料(タオルのレンタル有)

店内に入って階段をあがって、まずは靴をロッカーに預けます。
100円玉戻り式で、両替機も置いてあります。

両替機
脱衣所のロッカーも100円玉戻り式になっており、1人あたり計2枚必要です。
人数分ここで崩しておきましょう。

両替機の横に自動券売機がありますので、チケットを購入します。
ちなみに入浴料とタオルのレンタル料は以下の通りです。
※すべて税込、2019年12月時点の情報です。最新情報は公式サイト(こちら)をご参照ください。

  • 大人:750円
  • 子供:400円 ※小学生
  • 幼児:200円 ※3歳〜小学生未満
  • タオルレンタル:200円  ※フェイスタオル1枚+バスタオル1枚
  • ヒーリングサウナ:210円
  • ハブラシ:100円
  • カミソリ:100円
  • タオル販売:200円 ※フェイスタオル1枚

チケットを購入したら、受付に渡して入場します。

フロアマップ

めぐみの湯のフロアマップ

フロア全体はこんな感じで、全体でサッカーコートくらい広いです。
今回は温泉のみ利用しましたが、他にマッサージや貸切風呂、ヒーリングサウナ(岩盤浴)といったサービスが有料で受けられます。

お湯は週替りで変化
週毎に男女入れ替わり毎週男女のお風呂場が入れ替わります。
「洋風大浴場のザブ〜ン」「和風大浴場のどぶ〜ん」があります。
今回は、「ザブ〜ン」のご紹介です。

さて、ここからは脱衣所と温泉のご紹介ですが、写真はありません。
イメージは公式サイト(こちら)をご確認ください。

脱衣所

脱衣所も広く、30名は同時に利用できる位の広さがあります。
上述の通りロッカーは100円玉戻り式なので、利用数分用意しましょう。

洗面台は8個ほどあり、ドライヤーも同数ありました。
男性側はヘアトニックとアフターシェーブローションも置いてありました。

入口にウォーターサーバー

浴場内に入るドアの横にウォーターサーバーがあります。(図書館に置いてあるやつです)
サウナ利用後すぐ水分補給でき、便利です。

洗い場

洗い場は全部で18個、シャンプー・リンス・ボディソープがあります。

お風呂・温泉の種類

温泉は屋内と露天で複数ありましたので、全部試しに入りました。
まずは屋内から紹介します。

日替り湯

日替わり湯なるお風呂があり、なんと毎日違う湯になるそうです。
この日は「火龍 蕃椒・生姜」入りの湯でした。

湯が赤く染まっていて、地獄風呂のようで面白かった。
実際に入るとあまりピリピリせず、じんわり温められる感じでした。
※決して飲まないでください

大浴場

そこそこ広く、30名は入れる程です。
一部がより深くなっていて、腰掛けて肩まで浸かれる様になっていました。
ここは白湯(ただのお湯)ぽかったです。

炭酸泉

風呂シュワシュワが楽しめるお風呂です。
広さは6名程度利用可でした。

サウナ(広い)

サウナは広くて12名は同時に入れます。
出入りが割と多いので、暑いのが好きな方は奥の方に座ると良いです。
サウナ内には、TVがあります。

水風呂

サウナのすぐ横にあり、4名まで入れます。
温冷交代浴に適した配置です。

休憩用のイス

ビーチに置いてある様な白色のイスがいくつかありました。
体を冷ましたり、休憩したりするとき便利でした。

ここからは露天(屋外)のご紹介です。

露天風呂

加水なしの源泉です。
泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(高張性中性高温泉)とのことでした。
傷にヒリヒリと染みる感じでしたが、いい温度でじっくりと楽しめます。
15名程度入れる大きさでした。

常滑焼陶製浴槽

上の写真の真ん中にあるような、大人1人はいるほど大きな甕(かめ)が5個あり、贅沢に露天温泉を独り占めできます。
1個は子供と一緒に入れる大きさもありましたので、家族で入るのもオススメです。

併設施設

ここからはめぐみの湯内の併設施設をご紹介します。

自動販売機(牛乳ビン・アイス)

温泉にはこれ!と言っても過言ではない、瓶の牛乳が自販機で売っています。
コーヒー牛乳もありました。
また、受付近くにアイスの自販機もありました。

休憩スペース

休憩スペース

休憩スペースはこんな感じで、横になれます。
マンガも置いてあり、待合せには十分です。

飲食店「カフェレスト 夕凪」

お腹が空いたら定食や丼物をテーブル席で頂けます。
営業時間はオープンから21:00(LO20:30)です。
私は利用した事はありませんが、支払いは現金のみの様でした。

お土産販売スペース

私もあまり見たことないお土産が売っていますので、ちらっと見てみると良いです。

足湯「ちゃぷ〜ん」

建物から出て右に、足湯があり、足湯のみの利用も可能です。
1人100円で、下写真のように100円玉を入れると入れます。
タオルは持参するか、めぐみの湯の受付で購入(200円)できます。
利用時間は10:00〜18:00です。

周辺のスポット

めぐみの湯がある敷地には、お土産屋さんが多くあります。
主なスポットをご紹介します。
紹介しきれなかったスポットは公式サイト(こちら)をご参照ください。

はなまる市

JAが主体となって提携農家から直接仕入れた野菜や肉を販売しています。
お買い得なものが多いので、寄ってみると良いです。

魚太郎(うおたろう) 大府支店

魚太郎大府の魚

知多半島の先端付近にある有名観光スポット「魚太郎」の支店があります。
その日採れた魚のお刺身や干物などを販売しています。
また、海鮮丼も食べられます。
※飲食スペースはテーブルありますが、吹きさらしの場所なので冬は寒いです。

関連リンク

こちらに知多半島のおすすめ観光スポットを30ヶ所まとめています。

他の日帰り温泉が知りたい方はこちらからどうぞ。

天然温泉めぐみの湯の基本情報

住所:〒474-0041 愛知県大府市吉田町正右エ門新田1−1
営業時間:9:00−21:00(最終入館20:30)
定休日:不定休 ※要公式サイトチェック(こちら
TEL:0562−45−4080
予約:あり(温泉とご飯のセット:要電話)
サイト:http://www.agritown.co.jp/megumi.php



最後まで読んで頂きありがとうございました!
もしこの記事が良かったと思ってくれたら、ブックマークやSNSでシェアしてくれると嬉しいです。(下のボタンからどうぞ)

「知多半島をより良く」できるよう、これからも良い情報をWEBに載っけていきます。

コメントを残す

CAPTCHA