知多半島でSUP(サップ)を初体験してみた|名古屋から近いウィンドスペース

SUPってのが楽しそう!
愛知県でSUPができるところってどこかな?
はじめてだから持ち物とか注意事項とか知りたいな。

夏のマリンスポーツとして最近知名度が上がっているSUP(サップ)。

わたしたちもその存在は知っていましたが、今年ようやく実体験できました。

はっきりいって、「もっと早く体験しておけばよかった!」と思うくらい楽しめました。


この記事を読めばSUPの魅力や推奨する持ち物、注意事項などがわかります。

最初にいっておくと、SUP体験はこんな人にぴったりです。

  • 面白そうだから試しにやってみたい
  • 運動音痴だからできるか不安
  • スキーやスノボが趣味で、夏にできる趣味がほしい

知多北部(新舞子)の海はキレイさ△

いきなり出鼻をくじくようですみませんが、デメリットを先にお伝えします。
今回SUP体験に参加した場所は名古屋から近い、知多市の新舞子の海でした。

なので、オーシャンブルーは期待してはダメです。
実際の写真(iPhone撮影)はこちら。

もしオーシャンブルーを期待するなら、沖縄まで行った方がいいです。

もしくは、知多半島先端(南知多町)のSUP体験なら、今回ご紹介する海よりももっと青々していてキレイです。
ただし、名古屋から片道1時間ほどかかります。

>>南知多でのSUP体験予約はこちら

新舞子の海はキレイさはありませんが、波がほとんどなくて初心者にはもってこいです。(詳細は後述)

SUPは全身運動

魅力でもありますが、SUPはめっちゃ疲れます。

パット見た感じ、パドルを漕ぐので腕が疲れそうですが、実は足の方が疲れました。

なぜならボードの上に立つと波でゆらゆらするので、常にバランスをとらないといけないからです。
はじめは楽しいのですが、1時間もすると結構ツラい。

体験は2時間コースでしたが、最後30分は海辺で座って休憩していました。
そしてわたしも相方も翌日見事にふともも辺りが筋肉痛です。。

以上から、SUP体験は次の日自宅でゆっくりできる日程(土曜日とか)がおすすめです。

SUP最大魅力は「お手軽さ&楽しさ」

体験してわかったSUPの魅力はズバリ「お手軽と楽しさ」です。

お手軽さという点では次のとおりです。

運動音痴にやさしい

マリンスポーツって運動神経がいる種目がおおいと思いませんか?

たとえば水泳、サーフィン、水上スキーなど。
どれもたくさん練習して身につけるものばかりです。

なのでSUPも上手くできなかったらどうしよう。
ボードにすら乗れなくて楽しめないなんてことにならない?

と不安になりますよね。

でも全然大丈夫でした!

  • SUPのボードはサーフボードより幅が広て安定する
  • パドルが杖がわりになり、安定感アップ
  • もしボードの上に立てなくても、膝立ちで十分楽しめる!

事実、わたしの相方は運動苦手なレベルですが、1回でボードの上に立てました。

もし立てなくても膝立ちでごぐだけで十分面白いです。
後半は足が疲れたので膝立ちで遊んでいました。

ちなみに極端な話、泳げなくても大丈夫です。
海に入るとパニックになるレベルは論外ですが、ライフジャケットあるしインストラクターの方が助けてくれますので。

荷物が少ない(持ち物リスト)

SUP体験はいろいろレンタルできるので、持ち物が少なくて済みます。

わたしたちが実体験して以下に整理したので、ご参考ください。

持っていったもの+あれば良かったもの
  • 飲料水(多め)
    *自動販売機もお店にあります。
  • タオル2枚/人(必須
    *レンタルタオルはありません。
  • 水着(必須
  • ラッシュガードor汚れてもいいTシャツ(必須
    *長時間の日射は危険です。
    *体型隠しにも(ゴホンゴホン
  • 海水にぬれてもいい帽子(日よけ、ほぼ必須)
  • スマホ防水ケース&ストラップ(必須
    *海に落としたら回収できません。
  • 日焼け止め(必須
    *相方はふくらはぎ裏のケアが足りず日焼けで赤くなっていました。。
  • 湿布(帰宅後の疲労回復)

◎ラッシュガード


◎スマホ防水ケース


◎日焼けどめ


◎湿布


ちなみにサングラスは海に落とす人が多いそうで、持っていかないが正解です。

つづいて今回利用したウィンドスペースさんの体験料金に含まれていたものはこちらです。

  • SUPボード
  • ボード用ロープ
  • パドル
  • ライフジャケット
  • 事故時の保険
  • 更衣室、シャワー利用料
  • 駐車場(無料)
マリンブーツは当日有料でレンタル必須(下写真)
・1人500円で、サイズぴったりをレンタルできます。
・サンダルやクロックスはNG(ボードの上で足元が安定しない)

SUP体験レポート

それでは実際にウィンドスペースさんでSUP体験した内容を、かんたんにお伝えします。

①事前予約

まずはネット予約します。
アソビューで予約でき、疲れるので翌日休みになる土曜日がおすすめです。

>>アソビューでの予約申込はこちら

質問事項があれば、申込時に記載できます。

②集合時間より早めに到着を

場所は知多市の新舞子で、名古屋から車で30分ほどで着きます。

当日行ってわかりましたが、注意すべき点が無料駐車場でした。
駐車場は共用であり、当日は夏のピーク時期で9時過ぎには満車状態。。

徒歩15分ほどのところにしか有料駐車場はなく、お店の人に相談し、空くのを待って運良く停められました。

早めに到着して、もし満車だったらお店の人に相談するとよいです。

③料金支払&マリンブーツをレンタル

受付は建物の2Fで、まずは料金をお支払いします。
1人5,000円でした。
※上述のとおり、マリンブーツはレンタルした方がよいです。

  • 体験:4,500円
  • マリンブーツレンタル:500円

④更衣室で着替えてレクチャー受講

更衣室はもちろん男女別にあります。

ドライヤーと貴重品ロッカーも置いてありました。
また、更衣室の横にはシャワー室があります。

とっぴー
シャンプーなどの備品はなかったので、必要なら持参しましょう。
また、記事後半で近場の日帰り温泉もご紹介しています。

水着に着替えてまずはインストラクターさんから10分ほどレクチャーを受けました。
レクチャーはとってもわかりやすく、覚えることも少ないのでご安心ください。

教えてもらったポイント
  • ボードの目印と体の重心と合わせる
  • パドルは表裏がある
  • こぐときは、なるべくパドルを垂直(縦)にする
  • テコの原理を使ってこぐと楽
  • その場で回転するときは、後ろから前でこぐ など

⑤いざ海へ!SUP初体験!

習うより慣れろ、ということでさっそくボードを持って海に入ります。
浅めのところでボードに乗って、まずは膝立ちの姿勢をとります。

この海辺は内海なので波がほとんどなく、とても初心者向きでした。

最初はこぐとバランスが崩れてユラユラしますが、だんだん慣れてきます。

インストラクターさんも私たちのレベルに合わせてゆっくり教えてくれました。

最初は足が海底につくエリアで練習できるので、ボードから落ちても安心です。
前にすすめる様になったら、止まる、右(左)に曲がる方法を試します。

そして最後に膝立ちから立ちにチャレンジします。

まっぴ
めっちゃ揺れるーっ笑…なんとか立てた!

海の上に立っているだけでも日常から切り離された感覚がして、すごく楽しいです!
そして思ったより体力使う!
ので、ダイエットにも良さそうです。

慣れてきたらボードの上で、仲間と写真を撮りあったりもできます。

とっぴー
(調子にのっていた)わたしは相方を写真に撮ろうとして、振り向きざまにバランス崩して落水しました。
その瞬間をスマホで激写されてたという。。
スマホは落下対策必須
スマホを持っていくなら絶対専用ケースや落下防止ロープを付けてください。
海に落ちたら回収ほぼ不可能です。

2時間弱の体験会でしたが、4時間テニスするのと同じくらい疲れました。
(途中で休憩あります)

疲れたら自主的に休憩するのもありで、海らしく自由なひとときを楽しく過ごせました。

⑥更衣室でシャワー&着替えて終了

時間になったらインストラクターさんと共にお片付けです。
終わったらあとはシャワー浴びて着替えて終了です。

まっぴ
楽しかった―っ!
でも水泳の授業終わりのような疲労感。

よくある質問(行ってわかったこと)

ここからはSUPの実体験をもとに、行く前に気になりそうな点をまとめました。

持ち物はなにが必要?

こちらにまとめました。

運動苦手だけど…楽しめる?

大丈夫です、わたしの相方が実証しましたが楽しめます!

子供も楽しめそう?

年齢制限は8歳以上でした。
※15歳未満は保護者同伴必須パドルやボードの大きさ的に、身長120cm以上あれば大丈夫そうです。

雨でもできる?

少雨はOKみたいですが、前日か当日にお店に電話で相談した方がよいです。

そもそもSUPって何が楽しいの?

わたしは「海の上に立つ」という非日常感がよかったです。
楽しみかたはそれぞれでひたすらスピードを求めるもよし。ぐるぐる回転するのもよし。
落水しまくるもよしです。

料金はいくら?

一人5,000円でした。
体験料が4,500円+マリンブーツレンタル500円です。

カード支払いは可能?

現地払いでVISA、MASTER、JCBなどカード払い可能でした。
電子マネーとかはなかったです。

駐車場はある?

無料で駐車場があります。
ただ、他のレジャー客と共用なので、満車だったらお店の人に相談しましょう。

時間はいつ?

午前の部と午後の部がありました。

近くに温泉施設はある?

車で約10分ほどのところに「玉の湯」という日帰り温泉施設があります。
広めでサウナもあり、オススメです。

わたしの訪問ポートはこちら

SUP体験の申込方法|知多半島

総合レジャー予約サイトのアソビューからネット予約が可能です。
アソビューを通して申し込むとポイントが溜まったりしてお得です。

>>ウィンドスペースのSUP体験申込はこちら
※無料でアソビューの会員登録ができます。



最後まで読んで頂きありがとうございました!
もしこの記事が良かったと思ってくれたら、ブックマークやSNSでシェアしてくれると嬉しいです。(下のボタンからどうぞ)

「知多半島をより良く」できるよう、これからも良い情報をWEBに載っけていきます。

シェアしてね!


3年で15万円浮いた!
最強節約術は格安SIMマイネオへの乗り換えです



お金がない…でもコロナで給与を上がる見込みは皆無。。そんな人は支出を見直しましょう。支出はわりと簡単に減らせます。とくにdocomo/au/softbankの方は格安SIMに乗り換えがオススメです。私は3年で15万円超減らせました。

コメントを残す

CAPTCHA


ブログ管理人:とっぴー

とっぴー顔

【 地元で生きていく 】東京で10年暮らした出戻り人が『知多半島をより良くする』ためにはじめたブログです。SNSでは記事更新や知多半島のお得なイベント情報をお届けしています。

Twitter:こちら

Instagram:こちら