南知多のド定番グルメ まるは食堂本館に行ってみた(本編)

愛知県知多半島の先端、南知多町にある超有名店「まるは食堂 南知多 豊浜本店」にランチで行ってきました。
初めての方はこちらの前編と合わせてご覧頂けると、お得に楽しめます。

知多半島のド定番グルメ「まるは食堂」とはジャンボエビフライ定食!

創業から半世紀以上(60年!)、地元知多半島が誇る新鮮な海鮮が食べられるお店です。

東海地区では名古屋観光の名所の一つとして挙げられ、「ジャンボエビフライ」がとっても有名です。

とっぴー
名古屋のエビフリャーといえば、まるは食堂のエビフライなのです!

そのジャンボエビフライを久々(1ヶ月ぶり)食べに、日曜日のランチで行きました。

到着すると目の前には海!

車で向かって昼11時半頃到着しました。
車を停めると目の前は海と大きな空!そして潮の匂い!

まるは食堂本店すぐの海辺

この日はとても快晴でした。気温もぽかぽか陽気で、良いお出かけ日となりました。
思わず海辺まで〜という気持ちがありつつ、お腹が空いてる我々はそそくさと店内へ。

受付は2段階あります

入ってすぐにある自動受付機で受付登録をしましょう。
超有名店だけあって、11時半でも数十組レベルの待ちでした。

まるは食堂の受付機

受付機の画面には「1階テーブル席」と「2階お座敷席」とで、大体の待ち時間が書いてあります。

とっぴー
基本、早い方で良いですが、1Fテーブル席だとワンチャン窓際に座れるので海を見渡しながら食事できます。
補足
回転まるはへお越しの方は、この自動受付機ではなく、地下一階の店舗入口で直接受付となります。

待ち時間はぜひ海辺へ

まるは食堂の待ち合い席

さて、待ち時間は待合ロビーで座っていても良いですが、ぜひ晴れなら外に出て海辺まで散歩に行きましょう。

外に出て駐車場まで戻り、海辺までは階段で降ります。

まるは食堂すぐの海辺の階段

降りずとも潮の匂いと心地よい海風を満喫できます。写真撮影にもバッチリですよ!

とっぴー
私は定期的に潮の匂いを嗅がないと死にます(半分嘘)。
うぅ、釣りがしたい。
まるは食堂の海岸

降りると岩肌が段々になっていて、思ったより平でした。
潮溜まりにフグの小魚が泳いでいました。また、子連れ夫婦も楽しく水遊び遊んでいましたよ。子供はビショビショになっていましたが。。

待合時間を過ぎても大丈夫

ついつい遊びに夢中で待ち時間を過ぎてしまっても大丈夫です。

最初にお伝えした通り、受付は2段階になっています。


1段階目は「180番までの受付番号の方は受付にお越し下さい」と館内放送されますので、自分の番号がそれより若い(低い)番号なら、係の人に言って受付すればOKです。

とっぴー
自動受付機で発番したものの帰ってしまうお客さんもいるので、2段階になっています。

ただし、2番目の受付が恐らく正規の順番になるので、番号が若いからといってすぐ案内される訳ではないようです。

という訳で、呼ばれたので2回目の受付。

まるは食堂の受付その2

2回目はiPadのようなタブレット端末で受付していました。

個人的な感想としては、まるは食堂はなかなかハイテクです。

公式サイトにはAIチャットボットもあり、AIが簡単な質問なら24時間答えてくれます。

着席して注文します

2回目の受付後、5分程座っていると係りの人に呼ばれまして、「1Fのお座敷でも良いですか」と先に確認で聞いてくれました。
気遣いが有り難いです。

お腹が限界に近かったので座敷へ座りました。

結局、自動受付から40分程で着席できました。
窓は大きいので、ここでも海は十分見えます。

まるは食堂の座敷

写真の奥で見辛いですが、座敷にも子供用のイスがありました。
さて、着席早々に注文を。

まるは食堂のメニュー
補足
メニューは待合ロビー席にも置いてありますので、待ち時間に決めましょう

今日は(いつも)2,000円のコースを頼みます。
ご飯の量は普通でオーダーしました。

とっぴー
2,300円以上のコースを頼まれる方は、ボリュームあるのでご飯少なめで良いと思います。(30代男性の意見)

お茶が美味い

まるは食堂のお茶

いきなりどうしたと思うかもしれませんが、ここのお茶がとても美味しいのでご紹介。
急須は恐らく常滑焼の急須です。

前に友人と来た時は、お茶を急須で2度お代わりしました。

突出しは当たりのシャコ!

さて注文してすぐに突出しが到着。

この日は私的に当たりの「茹でたシャコ」でした。

まるは食堂のシャコ

1人前4匹と丁度よい量です。

食べ方は、頭と腹の殻、背の殻を手で取って頂きます。

あまり食べた事ないもしれませんが、濃厚なエビのようでとても美味しいですよ!

続いて本日のお刺身

この日のお刺身は「サワラ」と「ハマチ」でした。

まるは食堂のお刺身

手前がハマチで奥がサワラです。

ハマチは新鮮過ぎて噛み切れないほどコリコリ!

ハマチはザ・刺身の美味しさでした!

お醤油は知多半島で作られた「たまり醤油」につけて食べると更にウマいです。

このタイミングで白飯を口いっぱいかき込みたかったですが、まだ白飯が到着せず少し我慢。

とっぴー
美味しいけどお米くるまで我慢…

と思っていると


米と味噌汁とジャンボエビフライが到〜着〜っ!

まるで心を読まれていたかのようなタイミングで、米と味噌汁、そしてメインのジャンボエビフライが配膳されました。

とっぴー
さすが接客サービスも評判のまるは食堂おおおぉぉぉぉっっっっっ!

まるは食堂のジャンボエビフライ定食
まるは食堂のジャンボエビフライ定食その2

デカ過ぎてカメラに入りませんでした。

まるは食堂のオリジナルタルタルソース

そしてこれ、「まるはオリジナルタルタルソース」につけて頂きます!
(この時点で刺身とお米は頭から消えています)

とっぴー
さあさあ大きく口を開けて、先からバクッといきましょう。
ガツッ、もぐもぐもぐもぐもぐもぐ…

まるは食堂のジャンボエビフライその3

ウマーーーーーいっっ!!!!


これです、ぎっしりした肉厚、衣の良い油加減!

何本でもいける気がします。

追い討ちに煮魚登場

この時点でほぼ満足でしたが、まるは食堂のクオリティはまだこんなもんじゃ〜ございませんっ。

出てきたのは、サワラの煮付けっ!

まるは食堂のサワラの煮付け

食べるとふわふわトロトロ、よだれが更に加速します。

胃が「早く入よこせ」と脳に命令します。

暫し写真を忘れ、無我夢中で頂き…

大・満・足っ!!

ご馳走さまでした。


美味しいお茶を飲み干してお会計です。

お会計は各種クレジットカード、PayPayが使えます。

お土産も買えます

お会計の横に小規模ながらお土産も売ってます。

料理に出てきた、たまり醤油やタルタルソースもありました。

まるは食堂の店内販売1
まるは食堂のタルタルソース(販売)

食べた結果:1時間待っても食べる価値は十分にある

私は10分でも待つのは嫌いですが、ここは1時間待っても食べることにしています。


それだけの価値がありますので、名古屋観光、知多半島観光で来られる方は、ぜひまるは食堂でジャンボエビフライ、お刺身を召し上がって下さいね。

補足
南知多まで行くのは厳しいって方は、名古屋駅付近に支店もあります

まるは食堂 南知多豊浜本店

住所:〒470-3412 愛知県知多郡南知多町豊浜峠8
営業時間:
 平日 11:00−15:30(LO 14:30)/17:00−21:00(LO 20:00)
 土日 10:30-21:00(LO 20:00)
定休日:年中無休 ※偶に不定休あり
TEL:0569-65-1315
予約:http://www.maruha-net.co.jp/shop/honten/yoyaku
サイト:http://www.maruha-net.co.jp

シェアしてね!


Amazonで買ってよかった20選


Amazonで買ってよかったもの20選
Amazonで買って使ってよかったものをご紹介しています。

コメントを残す

CAPTCHA